(別ブログも運営中)

オタクちっくにまんがを語る!
「実況風」感想集

NOWA'S CLASSIC BOOK

リトルミイと金魚と詩集

 

 

こんにちは、のわぱんです!

 

 

 

私は新しい本を買うと、読み終わったあとにどう見方が変わるだろうって考えて楽しくなります。

(わかる方いますか?)

だから最初の表紙とかの読む前の「こういう物語だろう」っていう無意識の印象を覚えておいて、読み終えると楽しい。

 

 

 

 

ここからただの購入品紹介です↓

 

 

*ムーミンのブックカバー リトルミイバージョン

 

 

 

 

*「燃えるスカートの少女」エイミー・ベンダー

*「愛の詩集」谷郁雄

 

 

 

昔、Twitterの名言botをフォローして、

(いろんな本の一文をランダムで定期的に紹介するアカウント)

 

いいなと思ったのをスクショ

本屋さんに行ったときに参考にする

 

 

ということをしていました。 それで買った本は数知れず。

(今思えば一部だけ切りとってみたらなんでも名言に思えた気がする)

 

 

 

そして今回の2冊は、そのスクショを最近みつけていいなと思って衝動買いしました。

 

スクショ保存してたのはなんと5年前!

 

 

5年越しにみてもいいなと思った本ってすごくないですか!

そんな経っても同じ言葉に興味を持ったならもう買うしかないよね。

 

 

 

「愛の詩集」のカバーはクリープハイプの尾崎世界観さんが書いてるんだ!

歌にありそうな尾崎さんっぽいコメント。

 

 

 

リトルミイは、ずっとブックカバーがほしかったので衝動買いの本とあわせて買いました。

ネットの写真でみたのとイメージは変わらなくて実物もだいぶ可愛いよ!

 

 

 

って普段絶対選べないけど最近はなぜか惹かれて、同じシリーズで黒色のムーミンバージョンもあったけど赤にしました。

 

良い選択でした!かわいい!

 

 

 

 

 

 

さっそくカバーをつけてみると

 

 

 

 

リトルミイとニョロニョロが可愛い。

ニョロニョロのしおり?が使いやすい。

 

 

そしてこちらゴムバンドがついていて、かばんの中で人知れず開かないようするという素晴らしいオプションまでついている……!

 

 

 

かばんに物をいれたときに、開くほうが上を向いていて

 

ぐしゃっ…

 

となってしまうあの悲しい出来事がもうなくなるんですね。

 

 

まじまじとかっこいい~と眺めております。

 

 

 

ブックカバーって読みづらそうで買ったことなかったけど、ちゃんと本のサイズにあわせると普通に読めますね!

 

かっこいいし!興奮!

 

 

 

 

 

小説に「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のしおりが挟まってました。

2017年。少し古め。

 

 

のわぱん

 

 


 

 

雑記
よろしければシェアお願いします
よろしければのわぱんをフォローお願いします
のどもと過ぎれば熱さを忘れる
タイトルとURLをコピーしました