(別ブログも運営中)

オタクちっくにまんがを語る!
「実況風」感想集

NOWA'S CLASSIC BOOK

人に無いものを持てていると思わないとやってられない

こんにちは、のわぱんです。

私は、家で一人でいるときは
割と自分に自信を持って過ごせるけど、
外に出た瞬間から自己評価0に近くなります。

自分以外の全ての人が
私にないものを持っていて、
自信を持って生活してるんだろうな
と思ってしまう。

実際私の気になるところって
外見的なことばっかりで

肌が汚いとか筋肉質とか骨格しっかりめとか
周りの人をみたらすぐ比較できてしまうし

電車とかでいろんな人を見て
何も気にせず短いスカート履いてんのかなとか
ノースリーブ強とか
ずっと考えて一人で勝手に落ち込んだり。

肌白くて淡い感じの服がすごい似合うなとか
こんな暑いのに髪さらっさらじゃんとか。

考えればきりない、
全てよく見えちゃうのはたぶん
自分にないものを探しちゃうからだと
思うようになりました。

だってよく見てみると、
私のほうが姿勢良く歩いてるとか
靴きれいとか
地味だけどまとまった服装だしとか
カバンの中身整理されてるしとか

なんでもいいから
その人になくて私にあるものあるじゃん
という。

よく見たら私と同じようなくせ毛だ、とか
足を出したくなくて長めのスカートかな、
とかも見えてきたり。

もしかしたら周りからみた私にも
そういう良い悪いのポイントがあるんじゃないかなと。

客観的に自分を見てみると
卑屈になって終わらないからいい。

あとはこんな外見で優劣つけようとしないで
自分は内面がいいんだって
自信持っていられるくらい
明るく健康的になりたい。

のわぱん

タイトルとURLをコピーしました