本、まんが、絵本紹介専用のブログです。
ただいま次回記事準備中です!

NOWAPAN'S CLASSIC BOOK

好きなものが同じじゃなくて嫌なことが同じならうまくいく

雑記

 

こんにちは、のわぱんです。

 

私は完全に陰キャラで
人と長い時間一緒にいるのはほんとにストレスです。

 

でも外が好きで、
電車に乗って外をぼーっと見ながら
ふと知らない駅で降りてみたり
知らない場所をふらふら歩いてみたり

考えごとがあると
音楽を聴きながらひたすら歩くのが好きです。
だんだん無心になれるし
1時間も歩けば、家に帰るころには
自然と自分の意思が見えてくる。

 

だから普段から歩くことを惜しまないし
2駅前で降りて歩いて帰るとかも好きです。
そのせいかふくらはぎめっちゃムキムキだけど笑

 

そういう自分の拠りどころというか
信じてることというか
こうすれば自分にとっていいと思ってるやり方を
否定されるのってすごい悲しい。

 

しかもそういうのを理解して、いいねって言ってくれると
勝手に思ってた人に否定されるとほんとに。

   

だからタイトル、
ほんとにそうか?
と思う。

 

嫌なことが同じだと、例えば掃除が嫌いとかなら
どっちもやろうとしないから進まないとか。

そう考えたら一緒に生活する上で、
好き嫌い得手不得手は違うとこにあるような人のほうが
補い合えると思う。

 

私は潔癖なとこがあって、それは部屋が汚いのが嫌とかじゃなくて
洗ってない手とか冷蔵庫から取り出したものの底とか一回着た服が嫌。

(菌系の潔癖と呼んでます)

 

夫は部屋が散らかってるのは許せないけど
調理台に落ちた食材は平気で食べる。

 

だからお互い自分の思うように生活すれば均衡が保たれるというか
上手くやれているなと思えるけど

私の、一人の時間が好きだったり、
一人で考えることが好きだと思うことは理解されない。

 

とか理解されたいってばっかり考えてたけど
今考えたら私も夫の好きなことを理解できてない、、、!

   

嫌なこと苦手なことを補い合えて
休日にやりたいことが一緒、が一番の理想だけど
なかなかそうもいかないな。

   

のわぱん

   

コメント