(別ブログも運営中)

オタクちっくにまんがを語る!
「実況風」感想集

NOWA'S CLASSIC BOOK

病気は他人事ではない|予定日から1か月、生理が遅れている…と思ったら子宮が病んでいた

 

 

こんにちは、のわぱんです。

 

私のわぱんの子宮事情を全て公開しようと思いますが

ここからは男子禁制!!!でお願いします。

(男子の方、見るならブログ外秘でお願いしますね)

 

生理の軌跡

丑蟻さんによるイラストACからのイラスト

 

小学校5年生のときに生理が始まりました。

周りの子がちら…ほら…と始まった”らしい”というような話を聞くようになり、「生理きた子は上」みたいな謎の階級が暗にあったように思います。

 

私もはやくこないかな〜とのん気に思っていたらきて、そこから生理と闘い続けてかれこれ10年以上。

その間毎月かかさず来ていた生理先生が、5月の来訪を最後に、ぱっったりと来なくなりました。

 

10年も付き合いがあっていまだに、いつ来訪されるか予測がつかないので、まあまたそのパターンでしょう。と。

ルナルナマネージャーがお知らせしてくれる予定日はまあ目安ですよ。と。

 

 

 

しかし1週間後……こない。(ざわ…)

 

 

2週間後……こない。(ざわざわ…)

 

 

3週間後……こない。(ざわざわざわざわざわ)

 

 

こない。なんで。こわい。

 

これは病院案件だ…と判断しました。

 

 

産婦人科にかけこみ

らでんさんによるイラストACからのイラスト

すぐに近くの産婦人科病院へ。

 

ちなみに、ちなみにもしかして思ってる方いるかもしれないですが妊娠ではないんです!!

その人間の本能的な神聖な行為はなかったんです!!

少なくとも直近の生理からは一度もありません(またその記事も書くかもです)

 

 

なので私の中では病気確定でした。

でも産婦人科の先生は子宮内をみるまで妊娠と思っていただろうしその確認がありました。

受付でも「生理がこなくて…」って言ったとき妊娠の可能性は?と確認がありました。

 

当然といえば当然ですね。

 

しかし見てもらえればわかる通り生命などいないんです!

(でも実は病院行くまで想像妊娠説も捨ててなかった)

 

 

 

あの部分をよく見てもらえる台に乗って、子宮の中を検査されました。

(このとき雑でも丁寧でもいたたまれなくなるのはなんで…?)

 

モニターで一緒に確認しまして、黒い影が何個もあるでしょ、と。

 

こわいこわい…

ガス…?

え…ガン…?

 

と一瞬でいろいろ考えましたが、その影というのはガスでもガンでもなく黒い影=卵胞で、

一定以上のサイズになったら破裂して排卵されるものが破裂するまで成長しきらずにいっぱいあるという状況、と。

 

血液検査をして、その結果次第では 多嚢胞性卵巣症候群 という病気かもしれません、と。

 

多嚢胞性卵巣症候群とは

卵巣にはたくさんの卵細胞があり、平均して月にひとつずつ成熟し、排卵します。卵細胞は卵胞という袋に包まれていて、発育するにつれてこの袋が大きくなっていき、およそ2cmくらいの大きさになると破裂して、卵胞の中の液体とともに卵細胞が排卵されます。

多嚢胞性卵巣症候群とは卵胞が卵巣の中にたくさんでき、ある程度の大きさにはなるのですが、排卵がおこりにくくなる病態です。

引用元:みむろウィメンズクリニック https://mimuro-cl.com/pco.html

 

主な原因
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • ホルモンバランス異常

 

 

主な症状
  • 月経周期が長い(平均35日以上)
  • 月経不順
  • にきび
  • 男性ホルモン増加による多毛
  • 肥満

 

すごく詳しく書かれていて魅入ってしまったブログがありましたのでここでご紹介させていただきます。

「多嚢胞性卵巣症候群の私が妊娠できた妊活体験記」
http://多嚢胞性卵巣症候群.com/tanouhou-gennin/

 

卵胞の中では男性ホルモンが生成されるらしく、排卵されずにたくさんの卵胞が残ったままだと毛深くなってしまったりするんだそうです。

ちなみに、そもそも毛深かったので気づかないのか、あんまりその症状は出てないのかわかりませんが私は実感しなかったです。

でもにきびはできたかも。けっこう大きいにきびがどーんってできてます。今。

 

 

「子どもをすぐに望んでますか?」

いてざさんによるイラストACからのイラスト

 

血液検査をして、明日から基礎体温を測って、2週間後にまた来てください、とのこと。

 

このときに(基礎体温つけておけばよかった…!)と本気で思ったんですけど、ほんとに何もなくても基礎体温は毎日測った方が絶対いいです!

 

何かあったときに何があったのがわかる貴重な材料になると思うので。

 

 

 

そしてそこで「子どもをすぐに望んでますか?」と聞かれました。

 

私は結婚していますが、子どもを育てる余裕がなくまだ早いよねと夫婦で話し合っています。

なので「望んでない」と答えましたが、

聞けば”子どもを望む人”と、”今は望んでない人”では治療方針が変わるそうです。

 

私の場合は生理を正常に戻すような治療をしていきましょう、となりました。

 

病気は他人事ではない

病気かもしれない

確定したわけではない

調べるとガンのような深刻な病気ではない

 

 

だけど、子どもを授かって産むことを、これから普通にできるのか

 

 

急に自分の体が自分のものではないような気がして怖くなりました。

自分の体で何が起こっているのかわからないことが怖い。

 

 

大きな変化は月に一回である生理、でも一か月の間ずっと体は変化し続けています。

少しの異変でも精神状態にダイレクトに関わるようなデリケートなことなんですよね。

だからいつも接しているあの人もこの人も、全然知らない人もみんなそれぞれの体の悩みを抱えている。

 

 

私は生理痛はほとんどなく腰が痛くなりやすくなる程度なんです。

生理周期もバラバラですが昔からなので気にしてなくて、女性特有の悩みとかは他人事のように思っていました。

 

 

今は子どもを望んでなくても、近い将来迎えられる準備ができたら、と思ってる。けどそれがかなわないかもしれない。

となって初めて当事者になったというか、子どもができないと言われた女性の方の気持ちを察することができるようになりました。

 

 

  • 少しの異変があれば病院
  • 普段から定期的に検査
  • 健康診断にはしっかり行く
  • 基礎体温を測る

 

食生活に気をつける、運動するなんかはどんな病気にも言えることなので注意するとして、上に書いたようなことをしっかりやって、【自分の体を知る、丁寧に扱う】ということをしないとな、と今回のことで思い知りました。

 

 

 

 

のわぱん

 


★ブログに載せるほどではない小ネタを呟いてるtwitterアカウントはこちら(@andy_nowa)です

ぜひぜひぜひフォローお願いします!

(フォロワーさん少なくて切なさ満点)

 

★そして本(主に少女まんが)をオタク全開でレビューするブログもあります

名著集(NOWA’S CLASSIC BOOK)

こちらもぜひぜひご覧ください!

(リクエストも受け付けます)

 

 

 

雑記
よろしければシェアお願いします
よろしければのわぱんをフォローお願いします
のどもと過ぎれば熱さを忘れる
タイトルとURLをコピーしました